にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ     blogram投票ボタン     食べログ グルメブログランキング
旅行グルメ       blogramランキング    口コミグルメ


旅先のお宿の写真を投稿しよう♪「Hotel.jp」 

 

2013年09月09日

秘湯!燕温泉「河原の湯」

訪問してから、1か月が経ってしまいましたが・・・あせあせ(飛び散る汗)

この夏、私の中で大ヒットの温泉をご紹介します。
車では行かれない場所。雪が降る季節にも行かれない場所。
燕温泉の入り口に車を止めて、山道を12〜13分歩いた所にある
100%源泉かけ流しの天然温泉いい気分(温泉)

河原の湯  
P1060971.JPG
募金箱が置いてありますが、無料開放の共同浴場。
名前の通り、河原にあります。
大自然の中の露天風呂。
まわりには山と川しかありません。

更衣室は一応、男女に分かれていますが、混浴
P1070100.JPG

8月10日に行った時には男性が5人ほど入っていて、
バスタオルも持っていなくて、断念しました。
翌朝7時前に再訪問。
男性2人入っていましたが、バスタオルを巻いて入らせていただきました。

岩で作られた手作り感満載の浴槽
P1070099.JPG
乳白色のお湯。 硫黄の香りがするとっても良いお湯
前日に行った「黄金の湯」は、硫黄臭にまじって
藻のような?油のような?不思議な臭いがしましたが、
河原の湯は不思議な臭いはまじっていませんでした。
私は河原の湯のほうが好き。サイコーですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

この時使用したバスタオルは、帰宅後3回洗濯しても
まだ温泉の匂いが取れません。強烈な温泉臭。

燕温泉はとっても良い温泉なのに、廃れています。
訪れる客、宿泊客、少ないと思っていましたが、
早起きして外へ出ると、妙高山の登山客はたくさんいました。

妙高山登山口 燕温泉街からすぐ
kawara0.jpg

河原の湯までは結構な山道。
kawara1.jpg

途中、吊り橋があるのですが、6年前の豪雨で壊れたとのこと。
吊り橋は壊れたままになっていて渡れません。
横に作られているかなり急なハシゴを上り下りします。

P1060899.JPG

さらに、細い道を進んで行った先に、やっと河原の湯が見えてきます。
kawara2.jpg

登山をしない私にとっては、結構ハードでしたが、
ゆっくり歩いても片道15分位なので、頑張れました。
楽しかった。まわりの景色もとっても良いです。

人が少ないのが良い感じなので、本当は教えたくないけど、
でも、ぜひ訪れていただきたい秘湯です。

【燕温泉】新潟県妙高市関山
上信越自動車道「妙高高原IC」より約30分


posted by やすぴー at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【新潟】温泉

2013年08月17日

燕温泉 「黄金の湯」

新潟県妙高市の燕温泉(つばめおんせん)は、
私の超お気に入りの温泉のひとつです。
>>2010年1月の訪問日記
冬には3回ほど訪れましたが、今回初めて夏に訪問しました。

【燕温泉】新潟県妙高市関山
上信越自動車道「妙高高原IC」より約30分

燕温泉街入り口 
2010年1月撮影
IMG_3705.JPG

2013年8月撮影
P1060794.JPG

冬は雪で閉ざされ、行き止まりになっていた道
IMG_3710.JPG
この先、徒歩3分ほどの所に露天風呂があります。

P1060820.JPG
ここから妙高山を登るルートがあるので、
登山客が多くいらっしゃいました。

露天風呂までは徒歩3分ですが、結構急な坂道を登っていきます。
P1060872.JPG

坂の上から温泉街を見下ろした景色
P1060816.JPG

P1060871.JPG
大自然の中。何にもない所。
この道の右側にお風呂があります。

「黄金の湯」  無料開放の野天風呂いい気分(温泉)
P1060804.JPG

男女に分かれていて、女性風呂には囲いがあり、
外からは見えなくなっています。
P1060811.JPG

乳白色の良い温泉。
かすかに硫黄の香りがします。
少し油っぽい臭いもしました。

P1060806.JPG

100%源泉かけ流しの天然温泉いい気分(温泉)
岩で作った浴槽が良い感じ。
私が求めていたのは、こういう温泉。
ますます燕温泉の大ファンになりましたるんるん

もうひとつ「河原の湯」という露天風呂にも行きました。
「黄金の湯」よりも、さらに良かったわーい(嬉しい顔)
別の日記でご紹介します。

「黄金の湯」から、さらに山道を登ること数分。
日本の滝100選にも選ばれている「惣滝(そうたき)」が見える場所があります。
P1060856.JPG

P1060857.JPG

もっと滝が近くに見える場所まで、山を登りましたので、
それも後日、ご紹介したいと思います手(パー)










posted by やすぴー at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【新潟】温泉

2010年01月20日

秘湯!源泉かけ流しの燕温泉(新潟県妙高市)

1月16日の朝、前夜に降った大雪の影響で、
燕温泉(つばめおんせん)の温泉街まであと100メートル程の所で
道路が完全に雪に埋まり、通れなくなっていました。

通行止めに気づかずに、車を走らせていると
道端に止まっていた除雪車の作業員から停止の合図がっあせあせ(飛び散る汗)
除雪車でさえ先に進めず、別のタイプの作業車を用意するので、
通れるようになるまで1時間以上かかるとのことでした。

IMG_3631.JPG

まさに、豪雪に閉ざされた秘境の地雪

次の日あらためて、燕温泉街へ行きました。
燕温泉街には車を駐車するスペースがなく、
結局、100メートル位手前まで戻って車を置いて、歩いて行きました。

燕温泉街入り口
IMG_3705.JPG

16日に宿泊した燕ハイランドホテル燕温泉から温泉を引いています。
同じ湯なら燕温泉街まで行ってお風呂に入る必要はないかな・・・とも思ったのですが、せっかくだから行ってみました。

全然違いましたexclamation×2

ホテルのお湯は透明で、藻のような味。
硫黄臭は感じられませんでした。

燕温泉は、湯の華がたくさん浮かんでいて、硫黄の香りがする湯。
白く濁ったとても良い湯です。

同じ温泉なのに、どうしてこうも違うのか!というくらい違います。

ホテルは循環式で塩素系の消毒剤が入っていますが、
燕温泉は源泉かけ流しの天然温泉いい気分(温泉)

燕温泉 岩戸屋
IMG_3734.JPG

岩戸屋 ロビー
IMG_3731.JPG

露天風呂もありました黒ハート
IMG_3719.JPG

目の前は雪の壁
IMG_3728.JPG

内湯は熱めですが、露天風呂はぬるめ。
ゆっくり1時間以上、露天風呂に入っていました。
その間、他のお客様は訪れず、私ひとりで貸切り手(チョキ)
贅沢だわ〜揺れるハート

燕温泉最高♪♪

行って良かった。
わざわざ訪れる価値ありました。

雪に埋もれていて、どこにあるのか場所もわかりませんでしたが、
「黄金の湯」「河原の湯」という2つの野天風呂もあるそうです。

IMG_3710.JPG
雪で行き止まりになっていましたが、この道の先だと思います。

河原の湯
上杉謙信の隠し湯として知られる秘湯だそうです。
入ってみたい。
kawara.jpg
Wikipediaより画像引用

新潟県燕市という街がありますが、燕温泉とは場所も離れているし、まったく関係ないそうです。

【 燕温泉 】
住所:新潟県妙高市燕温泉
上信越自動車道 妙高高原ICより約30分
燕温泉街には5軒の宿があります。

岩戸屋:0255−82−3133
日帰入浴料 700円

燕温泉 薬湯 あさひや
燕温泉 ホテル花文(旧中村屋旅館)

タグ:秘湯 温泉
posted by やすぴー at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【新潟】温泉

2010年01月19日

関温泉(新潟県妙高市)

上信越自動車道妙高高原インターより、燕温泉へ向う途中で
気になる温泉街に遭遇。

いい気分(温泉) 関温泉 100%源泉かけ流し
IMG_3632.JPG

関温泉スキー場も近くデス。
IMG_3633.JPG
しかし、どこが入り口なのかわからないほど、雪が積もっていました。

雪かきをしていたおじさんにお風呂に入れないか訊ねたところ、
朝早い時間(午前8時前)にもかかわらず、
「どこでも入れるよ。ダメだったら、うちにおいで〜。」と言ってくださいました。
おじさんは旅館のご主人だったのです。
おじさんの旅館のお風呂に入らせていただきました。

小松屋旅館さん
IMG_3646.JPG

やすらぎの湯
IMG_3644.JPG
残念ながら、湯気でレンズがくもってしまいました。

100%源泉かけ流しの温泉いい気分(温泉)
加水、加温、塩素消毒を一切していない天然温泉です。
誰も入っていないのに、お湯がどんどん流れてきて、
湯舟からあふれ出ていました。
かけ流しだからアタリマエかぁあせあせ(飛び散る汗)

ビックリするほど茶色い湯。
正確にいうと湯は透明なのですが、底に茶色い粉状のモノが沈殿しており、
湯をかき混ぜたら茶色くなりました。
湯は鉄の味がしました。
IMG_3639.JPG IMG_3640.JPG

お肌がしっとりする良いお湯でしたぴかぴか(新しい)
寄り道してヨカッタわーい(嬉しい顔)

10軒ある関温泉の旅館は、どこでも一律500円で、
日帰り入浴できます。

【 関温泉 】
住所:新潟県妙高市関温泉
上信越自動車道 妙高高原ICより、車で約20分
北陸自動車道 中郷ICより約15分
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉

いい気分(温泉)関温泉 源泉かけ流し 
じょんのびの湯 湯の宿 泉山
長寿の湯 吉野屋旅館
不老長寿の湯 中村屋旅館
癒しの湯 朝日屋旅館
子宝の湯 登美屋旅館


タグ:温泉
posted by やすぴー at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【新潟】温泉
マスターオブコミュニケーションマニュアル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。