にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ     blogram投票ボタン     食べログ グルメブログランキング
旅行グルメ       blogramランキング    口コミグルメ


旅先のお宿の写真を投稿しよう♪「Hotel.jp」 

 

2013年05月21日

大好きな温泉宿 湯の峯荘(和歌山県田辺市)

ゴールデンウィークに大好きな温泉宿 湯の峯荘 に泊まりました。
yunomine01.jpg
建物古いです。客室26室。
我が家から片道5時間くらいかかりますが、大好きでリピートしています。

2005年にたまたま近くを通りかかって、飛び込みで泊まれないか尋ねたところ、
運良くドタキャンがあり、泊めていただいたのが始まり。
超お気に入りの宿となりましたわーい(嬉しい顔)

何が良いかというと、食事がサイコ〜に美味しい揺れるハート揺れるハート揺れるハート
そして、泉質も素晴らしいるんるん

2006年、横浜のグルメな友達を誘って、宿泊。
2007年、大阪の友達ファミリーと現地待ち合わせをして、宿泊。
2009年、三重県でゴルフをした後、ここまで足を延ばして宿泊。
昨年も近くまでは来たのですが、こちらには宿泊せず。
今年2013年、夫婦2人で宿泊。5回目。
久しぶりに来ましたが、やっぱり良い黒ハート
またあらためて感動しましたぴかぴか(新しい)

以前にも記事を書いています>>本 2009年の日記

ただ、スタンダードプランで宿泊した時は、感動が薄かった。
少し高くなりますが、夕食をグレードアップすべき。
熊野のブランド牛美熊野牛のステーキが付いているプランがお勧め手(チョキ)
>>湯の峰温泉 湯の峯荘 宿泊プラン



いつも、夕食ギリギリに到着していたのですが、今年は早めに到着。
4匹のワンちゃん達のお散歩をさせていただきました。
dogs.jpg
ワンちゃん達は普段はおとなしいのに、散歩となるとテンション高いグッド(上向き矢印)
自由気まま。勝手に走るexclamation ぐいぐい引っ張るexclamation
名前を呼んでも知らん顔がく〜(落胆した顔) 言うこと聞かないあせあせ(飛び散る汗)

でも、とっても楽しかったわーい(嬉しい顔)
癒されましたぁ。ありがとう黒ハート
dogs2.jpg



いい気分(温泉) 露天風呂最高るんるん
yunomine02.jpg
源泉かけ流しの温泉です。
無色透明ですが、湯の花いっぱい。硫黄の香りがするお湯。
泉質は「ナトリウム炭酸水素塩泉」

飲用可能 源泉温度はかなり熱い(80〜90度)。
どんどん湧き出しています。
yunomine03.jpg

貸切風呂もあり、無料で利用できます。


お待ちかねの夕食わーい(嬉しい顔)
夕食はお部屋で。お部屋の写真を撮り忘れたあせあせ(飛び散る汗)

食前酒、ざる豆腐、前菜盛り合わせ、2種類の牛肉
dinner0.jpg

前菜
dinner1.jpg

極上のお刺身ぴかぴか(新しい)
dinner2.jpg
かんぱちを口に入れたら、とろけた。
こんなに美味しいかんぱち食べたことありませんパンチ
本生まぐろも美味。本場勝浦で食べた生まぐろよりも美味しかった。

美熊野牛
dinner3.jpg
脂がのって、ぴっかぴかぴかぴか(新しい) サシの入り方も素晴らしいと思います。

あまごのから揚げ、ポトフっぽいスープ、酢の物
dinner4.jpg

全部美味しいし、品数も量もいっぱい。大満足の夕食でしたわーい(嬉しい顔)るんるん

朝食は大広間にて
asa.jpg
レンズが曇っていたようで、ぼけた写真になっていた。

朝食も品数豊富です
asa1.jpg

中でも、温泉粥がとっても美味しい。
asa2.jpg
温泉は無色透明ですが、お粥にするとなぜか黄色っぽくなります。
このお粥にブラックソルト(黒い岩塩)をかけて食べるのが、超お気に入り。

温泉水を無料で分けていただけます。
yunomine.jpg
2リットルのポリタンクを持っていき、分けていただきました。
自宅でも温泉粥を楽しんでいます。


【 湯の峯荘  】
住所:和歌山県田辺市本宮町下湯川427
JR紀伊田辺駅/JR新宮駅/路線バス有り
海南湯浅道 紀伊田辺ICより車で90分/新宮より車で40分
電話:0735-42-1111
posted by やすぴー at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

2012年05月06日

紀伊勝浦 ホテル浦島【お風呂編】

いい気分(温泉)勝浦温泉 ホテル浦島いい気分(温泉)
硫黄の香りのするとても良いお湯ですexclamation×2

ホテル内にお風呂は5ヶ所あり、湯めぐりが楽しいるんるん
(さらに有料の貸切風呂が3ヶ所)
透明の湯、白く濁った湯、緑色の湯など、場所によって微妙に異なります。

洞窟温泉 忘帰洞(ぼうきどう)
含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物泉
P1050909.JPG
帰るのを忘れてしまうほど良いお風呂
(紀州藩主の徳川頼倫公が命名)

bokido.JPG
洞窟は作り物ではなく、本物。
天然の洞窟をそのまま利用しているところがスゴイパンチ

海が見える露天風呂
P1060026.JPG
硫黄の香りのする白く濁った湯。最高ですわーい(嬉しい顔)

目の前が海。岩にぶつかって砕ける波はド迫力どんっ(衝撃)
P1050923.JPG
見ていて飽きないので、本当に帰るのを忘れてしまいそう。
露天はぬるい湯なので、長時間入っていられます。

ハマユウの湯(女性のみ) 男性用は滝の湯
含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物泉
P1050918.JPG
こちらは内湯のみです。
空いているので、身体や髪を洗うのはここがお勧め。

玄武洞(げんぶどう) こちらも天然の洞窟風呂
含硫黄ナトリウム塩化物泉
P1050928.JPG

P1060041.JPG
屋根のある所は無色透明の湯。

海に近い所は緑色の濁った湯。
P1060042.JPG
玄武洞は午後と午前で男女入れ替えが行われ、
上記写真は午前に女性用となっていたお風呂です。

お風呂からの景色
P1060049.JPG

ホテル内にある超長いエスカレーターexclamation
P1060001.JPG
こんな長いエスカレーターを3基乗りついで、山上館の32階へ
1階から32階までの80メートルは山の中というエレベーターもありました。
山の上に建物を建てたこともスゴイし、
山の中にエスカレーターやエレベーターを通したこともスゴイ。
スケールが大きいですパンチ

山上館32階 天海の湯
含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物泉
P1060009.JPG
台風並みの強い風が吹いていて、怖かったがく〜(落胆した顔)

山上館33階 遥峰の湯(ようほうのゆ) 
含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物泉
P1060007.JPG
こちらは屋内の展望風呂。

山上館の2つのお風呂は、以前(2005年、2006年)来たときにはありませんでした。
もしくは、山上館宿泊者しか入れないエリアがあったので、宿泊者限定だったのかも・・・?
逆に、以前、山上館にあった露天風呂は閉鎖されていました。

山上館からの夜景
P1060012.JPG

磯の湯 含硫黄ナトリウム塩化物泉
P1060020.JPG
手前は白く濁った湯、奥は透明な湯

1日では入りきれません。
2泊したので、何度もお風呂に入って、ゆっくりできましたわーい(嬉しい顔)
ホテル浦島の湯、サイコ〜〜揺れるハート


posted by やすぴー at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

ホテル浦島(和歌山県那智勝浦)

4月30日から2泊3日で勝浦温泉 ホテル浦島へ行ってきました。
P1060062.JPG
3日間とも雨で、視界が悪く残念雨

今までブログに載せたことがなかったのが、自分でもビックリ。
2005年に初めて訪れて以来、3回目の宿泊。
お気に入りのホテルのひとつです。

ホテルまで車では行かれません。
ホテル専用駐車場に車を泊めて、バスで桟橋へ行き
桟橋から専用船に乗り、ホテルへ向かいます。
JR紀伊勝浦駅から桟橋まで徒歩5分くらい

P1060061.JPG

ホテル本館前
P1050932.JPG

ホテル浦島は、本館、日昇館、なぎさ館、山上館など建物がたくさんある巨大ホテル。

ホテルのフロント
P1060054.JPG
ホテル内で迷子にならないよう、行き先ごとに色分けされた印が床にあります。

今回は本館のツインルームに泊まりました。
「羨望ナシ」の安いプラン(1泊朝食付き6825円)だったので、
部屋にはまったく期待していませんでしたが、海が見える部屋でしたるんるん
P1050901.JPG
部屋はやや狭いですが、問題ナシ。

朝食は海の見えるレストランで、ブッフェ(バイキング)スタイル
P1060034.JPG

品数はあまり多くありませんでした。
P1060035.JPG

夕食付きプランだと夕食もバイキングとなるため、夕食ナシにしました。
1日目は、スーパーマーケットで買ってきたお惣菜&お寿司で部屋飲みビール
2日目はホテルの外で外食&ホテル内でもお好み焼きを食べました。

ホテル内にあるマンガ喫茶
P1060019.JPG

こちらのお好み焼きが思いがけず、めちゃうまでした。
生地がふわふわ、具はえびやイカなど、シーフードたっぷり。
P1060018.JPG

ホテル浦島の魅力は、なんといってもお風呂いい気分(温泉)いい気分(温泉)
ですが、長くなったので、お風呂については別の日記で手(パー)
posted by やすぴー at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

2011年09月18日

城崎温泉旅館 泉都(せんと)

城崎温泉 泉都(せんと)
sento1.jpg

泉都ロビー
sento2.jpg

中庭
P1020706.JPG

客室
kinosaki2.jpg
義父と夫と私の3人で泊まりました。広すぎる部屋。贅沢です。

夕食は部屋出し。
夕食時は義姉家族もこの部屋に来て、6人で食事。

カニ黒ハート
P1020646.JPG
冬でなくても、カニが出るんですね〜。
期待していなかったので、感激。

夕食
P1020649.JPG
カニに新鮮なお刺身、但馬牛ステーキなど、美味しい夕食でした。
夕食時にはもちろんビールビール

翌日は、朝からビールビール
朝食は大広間で
P1020714.JPG

お風呂
P1020709.JPG

平日1部屋3名利用、1泊2食、外湯めぐりフリーパス、貸し浴衣半額券付きで、15,000円位でした(家族がまとめて払ったため、正確には覚えていません)。

結婚して7年になりますが、夫の家族と旅行したのは今回が初めて。
にぎやかで楽しかったわーい(嬉しい顔)

【 城崎温泉 泉都 】
住所;兵庫県豊岡市城崎町湯島540
城崎温泉駅より徒歩約12分
タグ:温泉
posted by やすぴー at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

2011年09月17日

城崎温泉(兵庫県豊岡市)

今年の夏は3週間の間にタイ4泊6日、岐阜1泊2日、
兵庫・大阪4泊5日、埼玉3泊4日と忙しく移動していたため
日記が追いつきませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

もう1ヶ月も前の話ですが、兵庫の城崎温泉へ行きました。

兵庫(大阪寄り)の夫の実家から、車で城崎温泉へ。
同じ兵庫県だけど、遠かったダッシュ(走り出すさま)
行き3時間、帰りは渋滞で4時間ほどかかりました。

城崎温泉駅
kinosaki00.jpg

城崎温泉駅前
kinosaki1.jpg

城崎温泉といえば、外湯めぐりexclamation

宿にチェックインして、浴衣に着替えて外歩き。
kinosaki4.jpg
お堀と柳の木が良い雰囲気るんるん

道沿いにはお店がたくさん並び、買い食いやお土産選びも楽しいわーい(嬉しい顔)

P1020626.JPG

お風呂上りに城崎地ビールビール 最高です黒ハート
P1020594.JPG

泊まった旅館は泉都(せんと)
sento1.jpg

男性は部屋についている浴衣しかありませんが、
女性用に可愛い浴衣の貸し出しがありました。
通常840円のところ、半額サービスるんるん
赤、青、緑、パステルカラーなどたくさんの色があり、
好きなものを選べました。
しかし、着付けはしてもらえず、帯の結び方がわからなくてちょっと困ったあせあせ(飛び散る汗)
※「ゆかたご意見番」という看板を出しているお店が30軒ほどあり、
そちらで着方のリーフレットをもらえたり、直してくれたりできるとのこと。


外湯めぐりパスポートも付いていました。
このパス(左)で、7つある外湯すべてに入館できます。
P1020590.JPG

P1020717.JPG
7つの湯すべて制覇!!・・・は無理でしたふらふら
スタンプだけ全部押しに行きましたが、お風呂に入る時間はなかった。
16時にチェックインして、夕食前に2ヶ所、夕食後に1ヶ所、翌朝1ヶ所。
それでも、せわしなかった。


地蔵湯
kinosaki3.jpg

御所の湯
kinosaki5.jpg

鴻の湯
kinosaki7.jpg

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉
どこも42度位の熱めのお湯。
個人的にはもう少しぬるいお湯もあると嬉しかった。

夜は花火
P1020684.JPG

城崎温泉はとても楽しい街でした。

【 城崎温泉 】
住所:兵庫県豊岡市城崎温泉
城崎温泉観光協会公式ホームページ:http://www.kinosaki-spa.gr.jp/
posted by やすぴー at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

2010年08月13日

湯村温泉 荒湯(兵庫県新温泉町)

湯村温泉の源泉 荒湯いい気分(温泉)

IMG_7227.JPG

848年に慈覚大師によって発見されたと言われる古い温泉。
源泉は98度の高温で、毎分470リットルも湧出しているそうです。

慈覚大師像
IMG_7249.JPG
像の下に温泉が沸いていて、飲泉ができます。

近くに川があり、とても良い雰囲気
IMG_7224.JPG

IMG_7243.JPG
水がキレイぴかぴか(新しい)
鯉や鱒がたくさん泳いでいました。
カモもいました。

川のほとりに足湯があり、川を眺めながら、足湯できますいい気分(温泉)
しかし、湯がかなり熱かったどんっ(衝撃)

熱い湯の隣に冷たい水も流れているので、熱い湯と冷たい水を交互にexclamation
血行が良くなります。

石の壁も石畳の道も地熱で温かくなっていました。
ムシロを敷いて、寝転びたかった。

近くの売店で卵を買って、温泉でゆで卵を作りました
IMG_7234.JPG

日帰り温泉施設 薬師湯
源泉かけ流しの天然温泉
IMG_7216.JPG
泉質:ナトリウム 炭酸水素塩 塩化物・硫酸塩泉
入浴料:400円(地元民は150円)
営業時間:7:00〜22:30
posted by やすぴー at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

湯村温泉 寿荘

今年の夏休みは、兵庫県湯村温泉へ行きました。
湯村温泉は、兵庫県の日本海側、鳥取県との県境近くにあります。

いい気分(温泉) 山陰湯村温泉 寿荘に泊まりました。

IMG_7222.JPG

とても素敵な宿でした。

1階のカフェ
kotobuki.jpg

食事は部屋出し
kotobuki1.jpg

夕食
dinner.jpg

朝食
IMG_7217.JPG

お土産屋さんや源泉「荒湯」まで歩いて行ける距離。
夜歩きするのに便利な場所でした。

【 山陰湯村温泉 木の香いろり 寿荘 】

泉質:単純温泉 弱アルカリ単純泉 低張性弱アルカリ性泉
住所:兵庫県美方郡新温泉町湯1561-1
電話:0796-92-0186
ホームページ:http://www.yumuraonsen.jp/
タグ:温泉
posted by やすぴー at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

2009年08月23日

龍神温泉(和歌山県田辺市)

リゾート2009年 夏の旅行 3日め

いい気分(温泉)龍神温泉(日帰り入浴)に行きました。
日本三美人の湯のひとつだそうです。

ryujin0.jpg

龍神温泉は紀伊半島の内陸部
高野龍神国定公園、日高川沿いに位置する温泉。
和歌山県と奈良県の県境の近くです。

熊野本宮大社から和歌山市へ向う途中、
ちょっと遠回りして龍神温泉に寄ったのですが、遠かったあせあせ(飛び散る汗)
正確には覚えていませんが、熊野本宮から1時間半位かかりました。
同じ市内なのに・・・田辺市ってめちゃめちゃ広いですね〜。

ryujin4.jpg
山が深く川の水もキレイで、美しい景色ぴかぴか(新しい)

龍神温泉 元湯
ryujin1.jpg

露天風呂
ryujin3.jpg

内湯
ryujin2.jpg

かけ流しの天然温泉です。
ラジウムの放射量が豊かなナトリウム炭酸水素塩泉。
お肌に優しい柔らかい湯でした。

しかし、当日朝、大変硫黄臭い湯の峰温泉にたっぷり浸かった後で
こちらに来たので、感動は薄かったです。
湯の峰温泉

【 龍神温泉 元湯 】
住所:和歌山県田辺市龍神村龍神37
電話:0739−79−0726
料金:700円
営業時間:7:00〜21:00
泉質:ナトリウム炭酸水素塩泉

タグ:温泉
posted by やすぴー at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

2009年08月19日

湯の峰温泉(和歌山県田辺市)

リゾート2009年 夏の旅行 3日め

いい気分(温泉)湯の峰温泉散策。

IMG_1880.JPG

湯の峰温泉は、世界遺産登録地に湧き出る唯一の天然温泉
熊野本宮大社に近く、古くから熊野詣の湯場として利用されてきました。

キレイな川のほとりに旅館・民宿が並んでいます。
川を見ながらビールやお茶を頂ける茶屋もあります。
小さな集落ですが、風情のある素敵な所ぴかぴか(新しい)

IMG_1886.JPG

熊野古道の入り口
kodo.jpg

古びた建物つぼ湯

tuboyu1.jpgtuboyu.jpg

つぼ湯
IMG_1872.JPG

岩をくりぬいただけの小さな浴槽。
洗い場はありません。
貸切30分交代制なので、予約が必要です。

近くに公衆浴場もあります。

川のほとりには90℃以上の源泉が湧出する「湯筒」があり、
卵や野菜などを茹でることができます。
卵や野菜は近くの売店で売っています。

IMG_1881.JPG

IMG_1884.JPG
5個200円の卵を買って茹でました。
湯筒に卵を入れて、12〜13分でできあがり。
売店で塩ももらいましたが、塩をつけなくてもほんのり塩味。
美味しかった。


【 湯の峰温泉 公衆浴場 】
住所:和歌山県田辺市本宮町湯の峰
「新宮駅」より約60分、「田辺駅」より約90分
電話:0735−42−0074
料金:つぼ湯(公衆浴場込み)750円
公衆浴場のみ250円
くすり湯380円
営業時間:6:00〜22:00
つぼ湯のみ21:30まで
定休日:なし
泉質:含硫黄−Na−炭酸水素塩泉

posted by やすぴー at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉

2009年08月18日

おすすめの宿・湯の峯荘(和歌山県田辺市)

リゾート2009年 夏の旅行 2日め

お気に入りの温泉宿
湯の峰温泉 湯の峯荘(和歌山県田辺市本宮町)に宿泊しました。

良い温泉、豪華な料理、温かいおもてなし、リーズナブルな料金。
お料理だけでも1万円の価値はあるでしょう。
1泊2食付きで13,750円(平日1部屋4名で利用)でした。

熊野本宮大社の近くです。
家から近いわけではありませんが、
2005年に初めて訪れてから、2006年、2007年、そして今回と4回目の宿泊exclamation

泉質がバツグンに良いです手(チョキ)
もちろん、かけ流しの天然温泉いい気分(温泉)

露天風呂 最高♪
IMG_1921.JPG

続きを読む
タグ:温泉
posted by やすぴー at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【関西】温泉
マスターオブコミュニケーションマニュアル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。