にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ     blogram投票ボタン     食べログ グルメブログランキング
旅行グルメ       blogramランキング    口コミグルメ


旅先のお宿の写真を投稿しよう♪「Hotel.jp」 

 

2013年09月20日

日本の滝百選「苗名滝」(新潟県妙高市)

日本の滝百選に選ばれている滝が新潟県に3つありますが、
そのうちの2つが妙高市にあります。
惣滝に続き、苗名滝を見に行きました。

苗名滝
P1070018.JPG
場所: 新潟県妙高市大字杉野澤
上信越自動車道「妙高高原IC」より約6キロ
新潟県と長野県の県境 関川上流 落差55メートル


関川
naena01.jpg


関川沿い(滝入り口)にあったカフェ 
ソフトクリーム(350円)がめちゃめちゃ濃厚で美味しかった。
P1070071.JPG

カフェの近くに架かっている橋を渡ります。
naena03.jpg

小さなダム
P1070070.JPG
ダム横に作られた階段(写真左)を登っていきます。


吊り橋も渡ります。
P1070037.JPG


苗名滝 見えてきたわーい(嬉しい顔)
P1070021.JPG


ここから、もうひと踏ん張りパンチexclamation


ケモノ道のような細いすき間を通り抜け、
P1070039.JPG


川沿いのゴロゴロした岩の上を進んで行くと・・・
P1070030.JPG



滝ツボに到着手(チョキ)
P1070055.JPG
苗名滝  感動グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

滝は遠くからでも見えますが、滝ツボまで行ったほうが良いです。
素晴らしかったぴかぴか(新しい)  癒されました黒ハート

滝の入り口から徒歩30〜40分くらいです。
観光気分(サンダル等)では厳しい。運動靴要。

楽し〜るんるん
naena02.jpg


posted by やすぴー at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【新潟】観光スポット

2013年09月19日

日本の滝100選 惣滝(新潟県妙高市)

8月17日の日記にも書きましたが、
「日本の滝100選」に選ばれている惣滝を見に行きました。
P1060856.JPG
新潟県妙高市  妙高山を源とする太田切川の上流
落差80メートル

燕温泉の温泉街に車を止めて、そこから山道を歩きます。
何度も載せている写真で恐縮ですが・・・
ここが登り口
kawara0.jpg

途中から道が細くなり、道がないような場所も。
P1060900.JPG

当然ガードレールなどはなく、足を踏み外したら、
絶壁を落下して死んじゃうあせあせ(飛び散る汗)
ドキドキする危険な場所もありました。

写真ではドキドキ感伝わらないかもしれませんが、
この場所 ↓↓↓ 怖かったです。
yaspy0810.jpg

ほんの一部分ですが、鎖がついている所もありました
P1060921.JPG

温泉街から30分位歩いたかなぁー

惣滝 近づいた時には感動るんるん 
P1060936.JPG

もっと滝の近くまで行けますが、かなり足場が悪いため
ここまでで断念しました。

登山客は大きなリュックを背負って歩いているのに、
私は近所のスーパーへ買い物へ行くような軽装。
ちょっと場違いあせあせ(飛び散る汗)
運動靴を履いていって良かった。

yaspy_0810.jpg




posted by やすぴー at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【新潟】観光スポット

2013年09月09日

秘湯!燕温泉「河原の湯」

訪問してから、1か月が経ってしまいましたが・・・あせあせ(飛び散る汗)

この夏、私の中で大ヒットの温泉をご紹介します。
車では行かれない場所。雪が降る季節にも行かれない場所。
燕温泉の入り口に車を止めて、山道を12〜13分歩いた所にある
100%源泉かけ流しの天然温泉いい気分(温泉)

河原の湯  
P1060971.JPG
募金箱が置いてありますが、無料開放の共同浴場。
名前の通り、河原にあります。
大自然の中の露天風呂。
まわりには山と川しかありません。

更衣室は一応、男女に分かれていますが、混浴
P1070100.JPG

8月10日に行った時には男性が5人ほど入っていて、
バスタオルも持っていなくて、断念しました。
翌朝7時前に再訪問。
男性2人入っていましたが、バスタオルを巻いて入らせていただきました。

岩で作られた手作り感満載の浴槽
P1070099.JPG
乳白色のお湯。 硫黄の香りがするとっても良いお湯
前日に行った「黄金の湯」は、硫黄臭にまじって
藻のような?油のような?不思議な臭いがしましたが、
河原の湯は不思議な臭いはまじっていませんでした。
私は河原の湯のほうが好き。サイコーですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

この時使用したバスタオルは、帰宅後3回洗濯しても
まだ温泉の匂いが取れません。強烈な温泉臭。

燕温泉はとっても良い温泉なのに、廃れています。
訪れる客、宿泊客、少ないと思っていましたが、
早起きして外へ出ると、妙高山の登山客はたくさんいました。

妙高山登山口 燕温泉街からすぐ
kawara0.jpg

河原の湯までは結構な山道。
kawara1.jpg

途中、吊り橋があるのですが、6年前の豪雨で壊れたとのこと。
吊り橋は壊れたままになっていて渡れません。
横に作られているかなり急なハシゴを上り下りします。

P1060899.JPG

さらに、細い道を進んで行った先に、やっと河原の湯が見えてきます。
kawara2.jpg

登山をしない私にとっては、結構ハードでしたが、
ゆっくり歩いても片道15分位なので、頑張れました。
楽しかった。まわりの景色もとっても良いです。

人が少ないのが良い感じなので、本当は教えたくないけど、
でも、ぜひ訪れていただきたい秘湯です。

【燕温泉】新潟県妙高市関山
上信越自動車道「妙高高原IC」より約30分


posted by やすぴー at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【新潟】温泉
マスターオブコミュニケーションマニュアル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。